幸せな生活&健康な生活に必要なこと|葡生雅味(ぶきがみ)

ハッピーロングライフ|幸せな生活&健康な生活に必要なこと

悩み改善

脳疲労の原因と対策|いろいろな回復方法について

脳疲労の原因と対策

BOOCS理論って何?脳疲労を取り除く2つの原理と3つの原則とは

脳疲労を取り除く2つの原理と3つの原則

脳疲労とは精神的なストレスが積み重なることによって脳が正常に働かなくなる状態を指します。

脳疲労は体に起こる筋肉痛や肩コリや眼精疲労などとは異なります。
自分の脳が疲労した状態にあるのか自覚することができないのです。

大脳新皮質大脳旧皮質の関係性が破たんした状態になることで起きると考えられています。

  • 脳を構成する大脳新皮質・・・知性を司る部位
  • 大脳旧皮質・・・本能を司る部位

脳疲労を放置すると危険

例えば仕事が忙しく、残業を連日こなさなければならない場合に直面したとします。その時に大脳新皮質は無理をして働くことを選択します。一方、大脳旧皮質は体の疲労のために休むことを選択します。

このようなストレス状態が長期にわたると、大脳旧皮質の休むという欲求が無視される形となります。その結果、大脳新皮質と大脳旧皮質の対等性が崩れてしまいます。そうすると自律神経系などを司る間脳にも悪影響が及んで異常をきたすようになります。

脳疲労を放置した場合、心身に様々な影響が及びます。
味覚異常が起きやすく、濃い味のものを求めるようになって肥満や糖尿病といった生活習慣病にかかるリスクが高まります。
また思考や感情面において異常が見られる傾向があり、うつ病などの心の病を発症する原因となります。

 

BOOCS理論の2つの原理と3つの原則とは

BOOCS理論の2つの原理と3つの原則とは

この脳疲労を解消し、脳を活性化させて機能を正常化さるための理論として考え出されたのがBOOCS理論です。BOOCS理論では2つの原理と3つの原則が定められています。そしてそれらを守ることにより脳の疲労を解消させていきます。

2つの原理

2つの原理とは禁止の原理快の原理で以下の様なものです。

  • 自分自身の禁止・抑制をできるだけしないこと
  • 自分が心地よいと感じられることを一つでも行うこと

3つの原則

3つの原則は以下のとおりです。

  • 体に良いとされることでも嫌ならやらないこと
  • 体に悪いことでもやめられないなら無理にやめないこと
  • 健康に良くて好きなことを一つでも行うと

脳疲労による体の不調の改善ではなく、嫌なことを避け、健康的で好きなことを行うことによって、
大脳新皮質と大脳旧皮質の本来のバランスを取り戻すことに重点をおいたものです。

 

日中の眠気や不眠症は脳疲労が原因かも!効率的な3つの回復方法

効率的な3つの回復方法

 

寝つきが悪かったり途中で覚醒してしまったりと、睡眠に関する悩みを抱えているときに意識したいのが脳疲労です。これらはまとめて不眠症の症状として挙げられます。

症状が続くと、日中に眠気が襲って集中力がなくなります。これでは仕事や家事に身が入らず思わぬ失敗をしてしまいます。

脳疲労に陥る原因は、ストレスが長期間発散されないことです。ストレスは万病の元とも言われるほどのもので、放っておくと不眠症以外の症状も現れます。

脳疲労による不眠症以外の症状

例えば、便秘や普段の食事がおいしくない、不安とイライラなどの精神的なものです。
更に、脳疲労の状態だと満腹感がなくなり、脂っこいものや甘い食べ物が欲しくなります。

その欲求に従ってたくさん食べると肥満になってしまいます。
これに加えて、運動する意欲もほとんどなくなっているので、早急に脳疲労を回復させる必要があります。

脳疲労の回復方法

脳疲労の回復方法

 

回復方法は多岐にわたりますが、最も効果があるのは運動です。しかし、意欲が低下している状態から運動を始めるのはかなり困難です。

まずは、一時的にやる気を引き出すようにすることが重要です。これを疑似回復と言い、脳疲労を完全に治すわけではありませんが、疲労を麻痺させる効果があります。

運動を始める前に、カフェインチョコレートなど疑似回復させるものを食べるとやる気がわいてきます。これを利用して、20分程度の軽い運動をすると早期回復につながります。

激しい運動だと疲れが溜まって翌日以降やりたくなくなるので、ウォーキングから始めると良いでしょう。
軽い運動を毎日続けることで習慣になり、脳疲労になりにくい体を作ることもできます。

温かい飲み物も脳疲労に効果的

運動の他にも、原因となっているものの排除や栄養バランスの取れた食事も効果的です。その中でも効果が早くあらわれるものは温かい飲み物です。身体を温めることで、血液の流れが良くなり、不安やイライラを軽減することができます。

もちろんこれらの方法を無理して行う必要はありません。大事なのは、いかにストレスを溜めないようにするかです。

 

気づかないうちにうつ状態になってしまう危険性!脳疲労の回復方法

つ状態になってしまう危険性!脳疲労の回復方法

脳疲労は、外部から入ってくる情報やストレスが過多になることで発生します。脳内では、大脳新皮質と大脳旧皮質のバランスが崩れてしまい、正常でない状態になります。

大脳新皮質は知性を司る脳と呼ばれます。一方、大脳旧皮質は本能を司る脳と言われています。

それぞれに役割がありますが、外部からの情報が多くなることで、大脳新皮質がフル稼働することになり、大脳旧皮質からの欲求を無視せざる得ない状態になります。一方的な抑圧状態になってしまうため、自律神経がバランスを崩して脳疲労を引き起こします。

脳疲労の症状には、味覚に異常が出たり、いくら食べても満腹感を感じられないなどがあります。進行していくとうつを引き起こすことになります。
自律神経の乱れがうつに影響を与えることになるため、早めに脳疲労を回復させる必要があります。

脳疲労の回復方法

脳疲労の回復方法としては、まず一時的に疲労を麻痺させる疑似回復を行います。
疑似回復のあとに運動や食事で回復させていくことです。

1.疑似回復

疑似回復

  • コーヒー
  • 疲労回復ドリンク
  • アルコール
  • タバコ
  • チョコレート

などは、疑似回復で疲労を麻痺させることができるため、一時的にですがストレス回避が可能です。
疑似回復ばかり行っていても根本的な解決にはならないため、頼りすぎないように気をつけます。

2.運動

運動

脳疲労が軽くなった状態で運動や食事などを取り入れつつ、ストレス発散させていきます。
運動では、20分の筋力トレーニングでも脳の活性化ができると言われています。

散歩やストレッチなど日常生活でできる運動を継続的に続けるだけでも血流を良くできるため、ストレスが軽減され脳疲労の回復につなげることができます。

3.食事

食事

食事では、温かい飲み物を飲むようにします。
温かい飲み物を飲むことで、身体が温まり血液循環の改善につながります。

さらに、副交感神経に働きかけてくれることから、不安感やストレスの軽減にもなります。
ストレスを感じにくくするために自分が快適と思うものを用意しておくことも一つの方法です。

音楽を使った脳疲労の回復方法

音楽を使った脳疲労の回復方法

脳疲労は長時間神経を使う仕事をした時や緊張状態に置かれたときに生じます。脳がオーバーワークになり、正常に機能しなくなった状態です。

脳疲労になると、脳内の重要な部位が本来の機能を発揮しなくなります。イライラしたり、不安や心配事などの消極的なことが頭に浮かんでは消えていきます。

ひどくなると、睡眠や食事にも影響を与えます。症状として、寝つきが悪くなったり、食に無関心になったりしてしまうのです。

脳疲労は音楽療法で回復する

脳疲労は音楽療法で回復する

脳疲労に回復方法として音楽療法があります。音楽を聴くことで、脳にたまった疲れを取る除くこと方法です。

音楽は全身に強い影響を及ぼします。音楽を使った回復方法が有効な理由は、聴覚と感情が強く結びついているからです。聴覚は脳に対して、視覚よりも強い影響を与えます。

実際ほとんどの人は明るい曲を聴くと、楽しくなります。反対に哀愁漂うメロディーだと哀しくなります。ワンフレーズが流れているだけで、すぐに体に影響があるのです。

また、ある病院の手術室で患者に曲を流しながら施術したところ、驚くべき効果が得られました。
痛みが和らいだため、従来の手術で使用していた鎮痛剤の量を大幅に減らすことができたのです。

どんな音楽がいいの?

専門的な方法もありますが、セルフで行える簡単な方法もあります。穏やかなメロディーのものを選びましょう。

テンポはとても大切ですが、人間の心拍数に近い曲が効果的です。
協和音と不協和音がバランスよく組み合わさっていることもポイントです。

ジャンルは不問

クラッシックも脳疲労の回復方法としてよく用いられていますがどのジャンルでも構いません。激しいビートのもの非常ににぎやかな曲は避けましょう。

リラックスした環境で

聴き方ですが、リラックスしてただ流すだけです。敢えて歌詞やメロディーに注目しないようにしましょう。
リラックスするためには、座り心地のよい椅子と室温を快適に保つことも必要です。

音楽は聴き流すだけ

自分の好きなアーティストのものは避けます。
好きなアーティストの曲だと、集中してしまいテンションが上がってしまうからです。

 

食物による脳疲労の回復方法とは

食物による脳疲労の回復方法とは

脳疲労とは長時間大量の情報を脳に送ったことで、正常に機能しない状態です。思考がぼんやりとしたりコミニュケーション能力が低下したりします。

脳疲労はうつ病の原因になることもあるため、疲れを感じたらすぐに対処する必要があります。

脳疲労は食物療法もおすすめです。食物による回復方法は特定の食物を食べるだけなので、実践しやすい方法です。

クエン酸が豊富な食べ物が脳疲労に効果的

脳疲労の回復に効果的な食物は以下の3つが挙げられます。

  • 梅干し
  • イチゴ
  • レモン

これらにはクエン酸が含まれています。
クエン酸は酸っぱいと感じさせる主な成分で、疲労回復に高い効果を発揮します。

1.クエン酸が疲労物質の乳酸を除去してくれる

クエン酸が疲労物質の乳酸を除去してくれる

脳も筋肉と同じように乳酸が溜まると疲れを感じたりイライラしたりします。
乳酸は精神をリラックスさせるセロトニンの分泌を阻害します。
そのため、クエン酸を補給して乳酸を除去しなければなりません。

またクエン酸にはキレート作用という細胞を老化させる活性酸素を除去する機能も備わっています。
それによって思考力や記憶力を高いまま保つことができます。

2.ビタミンB1食物と一緒に食べて相乗効果UP

クエン酸はビタミンB1との相乗効果が期待できます。
ビタミンB1も疲労回復に役立つ成分です。

  • 豚肉
  • バナナ
  • 納豆

などを食べると良いです。

3.これらの食物をこまめに摂取すること

クエン酸は常に体が必要としている成分です。
しかし一度にまとめて摂取すると大部分が排出されてしまいます。
効率良く脳疲労を改善するためには、こまめに摂取することがポイントです。

梅干しやレモンは酸っぱいので一度に大量に食べる人はほとんどいませんが、おにぎりに入っている梅干しや揚げ物に添えられているレモンなど、身近な料理に使われているので摂取しやすいです。

甘いもので脳疲労を紛らわすのは非合理的

甘い物を食べると元気になるとされますが、それはブドウ糖が脳のエネルギーになるためです。ブドウ糖は早く吸収されますが、糖分はインスリンの分泌を促進することで、血糖値の急激な減少をもたらします。

脳は血糖値の大きな変化によっても疲れが溜まるので、甘い物で対処するのは合理的ではありません。チョコレートやコーヒーも一時的に脳疲労を回復させますが、根本的には何も改善されません。

脳疲労の原因と症状
脳疲労サプリで回復
脳疲労の原因と症状|脳疲労サプリで本当に回復できるの?

人間が活動できるのは、手足と脳があるからです。 思考力 記憶力 運動力 を司る神経があるからこそ、文明が発展し活躍の場が広がります。しかし、そこが弱点なのです。人間は生き物であり、休まなければ体に支障 ...

-悩み改善

Copyright© ハッピーロングライフ|幸せな生活&健康な生活に必要なこと , 2019 All Rights Reserved.